2009/11/06

こんどは外れちゃったよ!

10月末、幼稚園の大イベント、バザーがありました。

 

今年は初めてなのに、バザー委員になってしまい
バザー用の手作り品作成(これは役員でなくても行うのですが)や、
値付けや陳列、模擬店の準備など、ずっと忙しく過ごしていました

 

育成会の役員も重なり、同じ月に担当のイベント(ボーリング大会)があり、
こちらも準備が大変でした

 

11月、やっと落ち着きました~

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

さて、そのバザーの当日、バザー開始直後、携帯がなりました。

 

私は日用品のレジに立って行列のお客様の対応をしてました。
一番忙しい時間です

パパから(リョウとユウ、パパは野球部の練習に行っていました)

 

 「ポンプが外れちゃったから家にもどってきたんだけど・・・」

 「ポンプつけ方わかる?」

 「やってみる」

 

ポンプつけ始めたころは、リョウ本人が手順を覚えて

一人で差し替えできたのですが、

だんだん面倒になったのか、

準備は私、刺すときだけリョウというパターンでした。

 
インスリンの補充とか、ポンプの操作わかるだろうか

ちょっと不安でした。

 

案の定、もう一度携帯がなり、

リョウから、とっても不安気な声で

お母さん、注射にしてもいい?

「うん、いいよ。」

 
ランタスの単位と、血糖を測って高かったら

超速効を打つよう指示して電話を切りました。

  

仕事を辞めてから、こんなトラブルがあったら
すぐ駆け付けれると思っていたのに・・・、
どうしても行けないときってあるものですね。

 

注射で対応することは、運動会のときから時々行っていたので、
とっさに対応できたのだと思います。

 

リョウは注射をしてから野球に戻りました。

学校の練習日でよかったわ。

これが遠征試合とか大会だったら・・・

注射は持ち歩かないとだめですね

 

☆外れた原因は?

ポンプの刺し位置、しばらくお尻だったのに、

シルエットにしてからお腹に刺していたので、

野球のベルトが当たってたんじゃないかなぁって思います

 

もう少し上目につけるように気をつけてみようと思います。

 

 

 

 

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2009/10/28

シルエット

最近、予想外の高血糖が続いていました

 

今までにも時々予想外に上がるときはあったのですが、
ここ最近は特にひどいのです。

 

ボーラスを追加しても追加しても下がらず、
逆に上がったり、ポンプを交換しても高めが続いたり

 

インスリンがきちんと入っていないの?
体調が悪いの?
ポンプのせい?
扱いが悪いせい?

 

ちょっと悩んでいました

 

A1cの値も悪く
主治医には

来月までこの状態が続けば、
注射に戻すことも考えたほうがいいかもと言われました

 

そこで、

 インスリンをより確実に入れるために、

 

ポンプの注入セットを変えてみることになりました。

 

今までは
 クイックという 針を垂直にさすタイプ 体に入る管は6mm

 

今回試すのは
 シルエット・・・斜めに針を刺します。

 管の長さは、13mm と 17mm の2タイプあります。

今までは17mmしかなく、13mmは今年使えるようになったばかりとか。

 

この長さの違う2タイプが用意されているのはなぜでしょう?

クイックタイプは管が短いので、抜けやすかったり、上手くいかない方もいるらしく、

そういう方に、シルエットを勧めるけど、17mmだと針が長いので、

ハードルが高い?から短めを作ったみたいです、たぶん。

 

もちろん、リョウも13mmを選択しました。

一応17mmもサンプルいただきましたけどね。

 

クイックはクイックサーターというバネの力を利用して針をさす器具がありました。

 

シルエットは、それがありません。

 

お肉をつまんで針を自分で刺さなければなりません。

 

初めの感想、
 針を刺すとき、「痛い!

 

 針を刺した後、「ちょっと痛いかも

 

 針をさしてしばらく経過  「全然痛くない

       ときどき     「ちょっと変な感じする

                 ↑これは付ける位置がへその近く、

                  しかもズボンのゴムが少し当たるとこ

                  につけてしまったからでは?と思っています。

 

 

しばらく使ってみて、血糖と使用感を見てどれを使うか検討したいと思います。

 

ここ2日間の感じとしては、とってもイイ感じ、

血糖値安定してます

 

 

 

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009/08/02

サマーキャンプ2009 7/31~8/2

リョウが、サマーキャンプから元気に帰ってきました。

今回で3回目の参加ですが、
ポンプでは初のキャンプ、
ベーサルを下げておこうかどうか迷ったのですが
結局、学校時と同じインスリン量で臨みました

ただ、運動をたくさんするので

食事の時のインスリン量は、食後の運動量を考えて決める
低血糖を我慢しない(昨年はいつもよりひどい低血糖になりました)

この2つだけ言っておきました。

 

結果は、バッチリ~

ほとんどが100前後の素晴らしい値でした

 

行き帰りのバスの中のおやつだけは上がってましたね~。
帰りはジャムパンを食べたらしいのですが、追加で0.5単位は入れたらしい。
全然足りないけど 追加しようという気持ちが大事。
まっ、多めに見ましょう

3日間、お天気がいまいちで
朝晩肌寒いくらいだったけど、
なんと 海にも入ったそうです

日程は↓こんな感じ。

◇ 1日目 ◇
 海、花火

◇ 2日目 ◇
 勉強会
 野外調理
 ポートボール
 キャンプファイヤー

◇ 3日目 ◇
 プール
 お絵かき

 

バスの中ではビンゴ大会があったり、
浜辺ではスイカ割りをしたり、
イベント盛りだくさんで、とっても楽しく過ごせたようです

お医者様、看護師さん、栄養士さん、ボランティアさん、
お世話になりました

 

P8020143 お土産とビンゴの景品ゲット

P8020146  自分のお土産 3分測れるらしい

P8020151_2 双眼鏡ももらったんだって

P8020152 今年のTシャツ

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008/11/25

いよいよです。

久々の更新となってしまいましたが、

長男、いよいよ明日、26日入院です

これまで、術前検査があったり、
麻酔科、小児科、口腔外科の受診とバタバタしてました。

そうそう、小児科受診の際、手術とは関係ないけど、
ポンプを試してみたいと話をしてみました

ポンプとは、携帯電話サイズのインスリン注入器で、
お腹など、皮膚の下に入れた細い管から、
24時間インスリンを注入してくれるもので、
毎日4回以上注射していたものが、
3日に一回の針交換だけですむようになります。

この話、先生、乗り気でした

「いつにする?
できれば2泊3日入院したほうが安心だけど(えっ、そうなの?( ̄ロ ̄lll))
でも、冬休みはすぐお正月休みになっちゃうし、
ポンプのメーカーさんもお休みだと何かあったときに困るから、
春休みあたりかなぁ・・・
あっ、でも今回入院するから、その時でもいいか

こんな感じで、入院時、手術が終わり落ち着いたころ
ポンプを試してみるってことになってその場は終わりました。

でもね、数日後、主治医から電話があり、
お金の請求とか、入院病棟が違うこと(口腔外科の病棟)が問題で、
ポンプの件難しいらしく、結局お流れになりました

春までお預けかなぁ。
次の検診でまたお話しましょうということに。

でもでも、その次の日、今度は口腔外科の先生から
3科で打ち合わせた結果、口腔外科でなく、
小児科の病棟に入院してもらうことになったとの連絡が!

まてよ、これでポンプのお流れになった理由の一つは解決したわけで・・・
ポンプは?
電話は私が受けたのではないので、聞けなかったのだけど・・・
もしかしたら

ポンプ試してみようと思ってからずっと、
おやつ食べたり、予想以上にご飯食べてるときとか
こんなとき、ポンプならすぐインスリン追加できるのになぁって思ってました。

今回、試せなったとしても、なるべく早い時期に試してみたいな

でも、不安だったIDDMのこと、3科で打ち合わせしてくれたようで、
少し安心しました

あとは、先生方にお任せするのみです

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

本人はいたって元気、ご安心を
先週末は市のユニホック大会がありました。

Cimg1063










毎日、元気に、走り回っています
Cimg1080Cimg1095










娘は 11/22 3才の誕生日を迎えました

Cimg1069 Cavltg40











メルちゃんのお人形を買ってもらいご満悦




もちろん、この子も元気いっぱいです
Cimg1084





| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008/10/28

無事帰ってきました。

10/23,24、長男の 宿泊学習 がありました。

1泊2日、那須(1時間ぐらいのとこ)です。

1泊とはいえ、IDDMになってから学校行事でお泊りは初めてです。

担任の先生も10月に変わったばかり

引き継ぎはされてるだろうけど、ちょっと心配・・・。

宿泊前にお手紙を1通書いて先生にお願いしました。

内容は
・毎食前、就寝時のインスリン注射の確認をお願いしたいこと。
・就寝前、低めだったときの補食、高血糖のときの追加打ちの確認のお願い。
・低血糖のときの対処
・高血糖のときの対処
などを簡単に。

基本的に長男が一人で行うので、見守ってもらう形ですね

インスリン単位については、
毎回、血糖値と注射の単位を記入できるように小さい手帳を持たせ、何単位にするかの参考になるメモを書いておきました。

日程は
 初日 :学校 → 山登り → カレー作り、夕食→ 星空観察 → 風呂 → 就寝
 2日目:朝食 → フクロウの絵付け → お昼 → 散歩 → 学校着

行動中のBSとインスリンは以下の通り

初日
 朝    169  Q 3単位  (登山があるので、基本の-1単位)
 昼     ―  Q 3単位  (登山中なので、基本の-1単位)
 夕    142  Q 4単位  (カレーだけど、運動後なので基本の単位)
 就寝前 324 Q 2単位  (200~299なら1単位追加、300以上なら2単位追加)
                   (100以下なら補食)

           ランタス  8単位  いつもの単位

2日目
 朝   114  Q 4単位  (基本の単位)
 昼   211  Q 5単位  (基本の単位)

************

初日昼は登山中、本人いわく、寒くて測れなかったとか
まぁ結果オーライということで
就寝前、カレーのせいか高かったけど、追加打ちできたので

一番心配だった登山中も、ちょうど良い感じで過ごせたようで、ほんとよかったです

学校に迎えに行くと、かなりお疲れの様子。
なんだか元気がない
何かあったのかなぁと心配だったけど、
ほんとに疲れてただけみたい

帰ってすぐスイミングがあったので、行きたくなかったみたいで
でも、行かせましたよ~、鬼母ですね
スイミング行くころには、すっかりいつもの元気に戻ってました。

今回、初めての泊りで本人も心配だっただろうけど、

すべて自分でできたこと、BSもよい感じだったことで、自信がついたと思います

来年、5年生では海の宿泊学習、6年生は修学旅行が待ってますが

なんとか乗り越えていけるでしょう。

とにかく、無事済んでよかった

*********

Cimg1029_3久々に写真をUP!

フクロウの絵付け 息子作です(*^.^*)

 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008/01/27

恐るべし・・・

すっかりサボっていました~。
特別体調を崩したりしたわけではありません。ご心配なく(^^)

昨日は私の30数回目の誕生日でした。
主人にはお花のアレンジメントとケーキを、
子ども達からはビーズのネックレスをもらいました。
このネックレス、なんと手作りなんです!!
(カメラが壊れてちょっときたないケータイ画像ですが)
心温まるメッセージまでつけてくれました。
この年になると、あまり誕生日は来て欲しくないけど(^_^;)、
祝ってもらえる家族がいるって幸せですね♪

Image047 Image050






夜は近くのファミレスに食事に行きました。
帰ってからバースデイケーキを食べたのですが。
このケーキがくせ者(^_^;)

とってもおいしくて2切れ食べた長男。
夕食のQがまだ少し効いているかなとは思ったけど、
追加打ちしないと、たぶんたりない。

食後しばらくしてBS測ると 195 だったので
追加打ち1単位にしました。

就寝前BS見てガ~ン。
256
全然足りてなかった(-_-;)。

また追加打ちさせるのもかわいそうなので
Nを8単位打ちました。

Nをいつもより多く打ったので少し心配。
夜中の3時に測定すると。
350 (>_<)
ここで追加のQ2単位打ちました。

そして今朝のBS 261(-_-;)。

完全にノックアウトです。

ケーキって後から血糖上げるのかなぁ。

追加打ちも何単位打ったらいいかわからないし、
以前買った本(さらっと眺めただけでした)があるので 
"カーボカウント"(摂取する炭水化物の量で適切なインスリン量を計算するもの)
少し勉強しようかなぁと思いました(^_^;)。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007/11/03

教室での注射

先日の夜、めずらしく長男の担任から電話がありました。

お昼の注射を今は教室の自分の席で打っているのですが、
クラスメイトが大変落ち着きがなく、
注射をするのに長男も先生もハラハラすることが多いとか。
それで隣のチャレンジルームで注射をしてはどうかとの提案でした。

長男に聞いてみると、速攻「ヤダ!」との返事。
「何で~?隣の部屋のほうがゆっくり安心して打てるんじゃない?」
と聞いてみると
「めんどくさいし、ヤダ!」とのこと。
とりあえず、
「ヤダといっているのですが、先生からも話してみてください。
それか、教室でも先生の席で打たせてもらうなら少しは違うかも・・・」
とお願いして電話を切りました。

注射をすること自体嫌なことなので、本人の意思を尊重させたいけど、
一度事件が起きているので私としても心配でした。

電話のあと、もし先生にそうしたほうがいいよと言われたら
気弱な長男は思いに反して従っちゃうかもと思い、
もう一度本人の意思を確認し、先生に言われたら
ちゃんと自分の思っていることを言うんだよと話しました。

次の日、
「注射どうした?」と聞くと
「先生の席で打った」とのこと。
先生の席なら後ろから脅かされたりもないだろうし、
教室に先生もいるし、少し安心かな。

それにしても・・・
3年生にもなって、落ち着きがないクラスも問題ですよね~。
この学年1,2年のときも荒れていて、
今年はとうとう2クラスどちらも男の先生になってしまったぐらいです。

幼稚園だってちゃんと周りの子の中で注射できてる子だっているというのに・・・。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007/09/23

最近の様子

先週の土曜日、小学校の運動会がありました。

とっても暑かったけど、低血糖もなく元気に1日過ごすことができました。

日々の練習でも極端に血糖が下がることもなかったので、

ふだんの運動量(そんなに動いているとは思えないけど・・・)と

それほど変わらなかったってことかな?

運動会前々日には検診がありました。

今回は血液検査はしなかったけど、

血糖値が全体的に高めなので、またまた自己インスリンが

少なくなってきたみたい。

夜のNを少し増やして様子を見ることになりました。

夜はいつも9時ぐらいに寝かせたいところですが、

テレビを見てたり、ちょっとだらだらしちゃうとあっという間に10時近くに。

そうすると眠くなって、注射するとき、注射後からベットに行くまでも

グズグズ(←3年生なのになぁ・・・)しちゃうんですよね。

なので、今まではベットに入る直前に打っていた注射を

なるべく9時前に済ませちゃおうかと思ってます。

まぁ早く寝かせられればそれにこしたことはないんですけどね(^_^;)

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2007/05/31

定期検診

定期検診に行ってきました!
久々のHbA1cは7.4、悪くなってました(-_-;)
ここのとこずっと朝は200越え、これじゃいけないことはわかってはいましたけど・・・
先生の指示のインスリンを+1する程度しかできませんでした。
まだまだコントロールになれておらず、自分の考えで増減することに不安があるんですよね。

そのことも含め、今日は聞きたいことがたくさん。
次から次へと質問を投げかけたのですが、ゆっくり時間をかけて説明してくれました。
私の後待っていたかたゴメンナサイです。

内容は下記

1、朝の血糖が高いのが続いている(200台)のでNを1単位増やしているが、
それでも変わらず高いのでどうしたらいいか?

→自己インスリンの分泌が減ってきているのだろうから、Nを少しづつ増やしていくしかない。

このときの注意
・深夜の低血糖がないか時々チェックする。
・日中低血糖が多いようであれば、Qの量を調節する必要がある。
・食後高いようならQの追加打ちで値を落ち着かせてからうつ。
(1単位70下がるを目安に)
 追加のQとNは同時に打ってもいいか?
 Nは3,4時間後に下げる効果があるので、Qと一緒だと下がりすぎることも。
 それを考慮して単位を決める。(難しい(>_<))

2.低血糖時のぶどう糖は粉末以外に出してもらえるものはないか?
→処方できるものとしては粉のブドウ糖しかないので、その他ハチミツやゼリー状のものなど、自分にあった使いやすいものを見つけてもらうしかない。
試しにと、アークレイのグルコレスキュー(ぶどう糖補給ゼリー)を何個か分けてもらいました。(賞味期限まで残り少ないのでタダでGet!)

3.サマーキャンプは親も一緒に行けるのか?
→基本的には子供だけ。親も行けば単なる家族旅行になってしまうから。
親御さんに、たまには血糖コントロールを忘れて過ごしてもらうということも目的の一つだそうです。
私も密かに楽しみにしていたのにちょっぴり残念(>_<)

4.夜尿について、前回薬をもらったが、あまり効果がない。
→薬を変更してもらいました。

とりあえず、明日からNを少しずつ増量です。
しばらく、寝不足かな(+_+)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/23

学校での低血糖

長男、昨日学校で初めて先生に低血糖をうったえました。
学校での低血糖は以前もあったのですが、このときはこっそりラムネを食べてしのいだそう。

昨日の対応ですが・・・、ちょっと問題あり(-_-;)

まず担任が保健室へ連れて行ってくれる。

血糖を測ってみたほうがいいということになり、血糖測定器を教室までとりに行く(担任も一緒)。

保健室まで行く(担任も一緒)。

測定(65でした)

ブドウ糖摂取

保健室で休憩

授業に戻る

いったいブドウ糖取るまでに何分かかってるのでしょう(・_・;)

長男には血糖測定しなくても、低血糖だってわかるんだったらブドウ糖とっていいんだよというと、低血糖の程度がわからないから測りたいんだそうです。

じゃあ、血糖測定教室でしてみたら。といってみると、じゃあ連絡帳に書いておいてとのこと。

教室で血糖測定、ブドウ糖摂取ができれば、授業も中断しなくてすむし、不必要に長い休憩もなく授業が受けれる。

なによりも低血糖のときは1分1秒でも早く糖分を取らせて欲しい。

連絡帳で担任の先生にお願いしてみることにします。






| | コメント (6) | トラックバック (2)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

IDDM Life おでかけ わんこ 子供達 検診