« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008/08/30

明るい未来!

水曜日から学校が始まりました。
夏休み、BS高めが続いたけど、
徐々にいつものペースを取り戻しつつあります。

shine8月28日の朝日新聞に
「インスリンをつくる細胞を再生」
という記事が載っていましたshine

すい臓の外分泌細胞に遺伝子を入れると、
ベータ細胞(インスリンを出す)が再生されるそうで、
今回、糖尿病のマウス実験で、血糖値の上昇に応じて
インスリンが分泌され大幅に血糖値が下がったそうです。

今まで万能細胞(ips細胞)の話もありましたが、
今回のは、手法は同じだけど、
「すい臓の細胞の大半を占める外分泌細胞から
直接ベータ細胞をつくった」ってところが意義深いらしい。

難しくてよくわかりませんがbearing

とにかく、1型糖尿病が治る日も夢じゃない?ってことですよね。
記事もかなり大きくとりあげられていました。

息子に話したところ、

「それって注射とか薬で治るの?
手術なんて絶対イヤだからね~」  だってcoldsweats01

「毎日注射」 と 「1回の手術」だったら

注射を選ぶんだってbearing

超怖がりな長男なのでした。

| | コメント (12) | トラックバック (2)

2008/08/17

8/9 帰省

8/9~13まで札幌へ帰省してきました。
年に一度の大移動、今年はフェリーがとれず、羽田からairplaneでした。
今年は特に遠出はせず、近場であちこち。

8/10 千歳の自衛隊で行われる航空ショーを見に行きました。
Img_0576 Img_0598
戦闘機やヘリなどがズラリ。
そして空では、爆音とともに戦闘機が飛行します。
主人と息子たちは喜んでいたけど、
娘はあまりにも大きい音にビックリ、
母はずっと抱っこで疲れたよbearing

夜はマンションの盆踊りに参加させてもらいました。
Cimg0729 Img_0627

8/11 滝野すずらん丘陵公園へ

初めて訪れましたが、ここがなかなかぐーgood
テレビで見て(埼玉の公園かな?)面白そうだね~と
言っていた大きなトランポリン、ここにもあったのです!

Cimg0747 Cimg0743
ピョンピョン飛んだり、滑り下りたり、
子供達とっても楽しそうでしたsmile

Cimg0765 Cimg0777
変わった遊具を見つけるたびに、うゎ~と走りだす子供達lovely

Cimg0785_4 右側が「あり塚の塔」

中は迷路になっていたり、
滑り台があったり、
子供達、上から地下まで
走り回っていましたrun

他にも、水遊びできる場所があったり、
溶岩滑り台、森の中のツリーハウスや迷路などなど、
とにかく広くて一日たーっぷり遊べる場所です。
また来年も行きたいなshine

8/12 お兄ちゃん達はNARUTOの映画、私達はその間、ショッピングーgood

今回は4泊と短かったので、あっという間に帰る日になってしまいましたが、
北海道は涼しくて、とっても過ごしやすかったです。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008/08/09

サマーキャンプ

8/1~8/3の3日間、同じ病気を持つ子供達のサマーキャンプに参加しました。
今回2回目の参加です。

初日の集合時間は7時。
6時に朝食を食べさせ、パパに集合場所まで送ってもらいました。

朝食は前の日に買っておいた
コロッケパンとメロンパン。
今思えば、普通にごはん食べて行かせればよかったthink

食事の内容から、いつもより2単位多く打ちました。
でも、途中でメロンパンいらないと、半分残してしまったの。
低血糖になるかも?
でも、大丈夫かも?
送り出した後、心配でパパに電話。
「大丈夫そうだ」というのでほっとしたけど、
ジュースでも買って飲ませればよかったかな・・・、
血糖測るよう言おうか・・・

でも、サマキャンだから低血糖のときは
きちんと対処してくれるだろうと、結局心配のまま出発。

帰ってからの報告には8:30 44 でジュースをいただき、
持って行ったおやつを食べて回復したと書かれていました。

これからは、一人で出かけさせるときは、
なるべく普段の食事にしようと思いますsweat01

さてさて、帰ってからの報告。
とっても楽しかった~happy02と帰ってきたのですが、
今回のキャンプでは、ひどい低血糖を経験したそうですsweat02

頭が痛くて痛くて、先生に点滴するかと言われたけど、
点滴は絶対ヤダといって自分で測定してなんとか補食できたそう。
でも、なかなか回復せず、最後のお絵描きの時間(サマーキャンプの思い出を書くんです)ずっと横になって休んでいたらしい。

でも、これもいい経験。
思いっきり体を動かしrun、低血糖を経験する。
サマーキャンプの狙いでもあるでしょう。

そのほかにも、普段の生活に比べたら軽い低血糖は頻発してたみたい。
でもちゃんと自分で対処し、インスリンもその時のBSに合わせて自分で決めて打つことができたようですよ。えらいえらいhappy01

サマーキャンプは医師や看護師、医者の卵さん、
同じ病気のOBさんがたくさん参加されていて、
皆病気のことを理解しているから良いけど、
宿泊合宿でこんなことがあったら、
電話かかってきちゃうかな?
10月の宿泊合宿、あまり低くならないよう考えないと。

昨年はキャンプ後、他のお友達に刺激されてか
腕に注射ができるようになったんです。

今年は足に打てるようになってくれないかなぁと期待してたのですが、
足に打ってる子は見なかったってgawk

でも、きっと学んだものは大きいはず。
来年も絶対参加するそうですよshine

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »